Deep Learning Hands-on Seminar の準備

節目を迎える?今年はゴールデンウィーク返上で柄にもなくお勉強しておりました。

www.mhlw.go.jp

教育訓練給付制度を利用して、流行りのディープラーニングの研修を受けることにしました。

給付条件に合う方は、ハローワークマイナンバーカードを持っていけば、手間なく申請できるようでした。

申込み後、これで予習してね!とudemyのコンテンツ(下記)の案内が届き、合計約8時間のコンテンツを途中停めて問題を解きながら対応したところ、想像以上に時間がかかりました・・・(中級編からは、1.25倍速で再生しながら確認しましたが、思考が追いつかないのであまり意味なし!)

予習のコンテンツは無事一通り終えたのですが、なんだか記憶の彼方から色々と蘇ってくるものがありました・・・(ほとんど忘れていて名前ぐらい、あー!なんか聞いたことある!!という程度に蘇ってきただけですが。あの時もっとやっておけば・・・)

f:id:wadaijp:20180504225255p:plain

www.udemy.com

www.udemy.com

セミナー受講者は、上記の予習コンテンツが無料で受講できるのですが、非常に丁寧に説明されているので、非常にわかりやすい。

どうせだったら、高校・大学時代にこういう風に教えてくれたら、ただ暗記しろ、例題を解け!という教え方(だったかどうかも覚えていませんが)では、つまらなかっただろうなぁ、と。今だからこそ、なるほど!と思うことが多くて非常に面白いと感じます。

これをビジネスイシューを解決するための手段として用いるには、また高いハードルを乗り越える必要がありますが、この土日でしっかり復習をして、月曜日からの研修に備えるぞ!という意気込みをして終わりにします。